森ボラ会員による、森のコラムをお送りします。

酒井和彦の「森の学校」

札幌市は今や190万人の大都会となりました。その都市化の波の最前線の森が、私たちの主要活動地「札幌市澄川都市環境林」です。

20年以上そこを中心に活動していますが、活動人数は延べ1,800人・日ほどにもなります。荒れて放置された二次林を巨木の森にしたいのです。地主である札幌市に協力しながら、人と生きものの共存できるほんとの共生林にしたいのです。

「ホタルが舞い子供たちが学ぶ札幌の里山」にしたい。

■酒井和彦 プロフィール
北海道森林ボランティア協会専務理事。会津の山奥七軒部落に生まれ育ち、北海道の大自然にあこがれて住み着いてしまった。2001年JICAボランティアから帰国したら丁度会で森林保全講習会をやっており、参加し立ち上げに参画することとなった。
「力のなくなった者は知恵を出せ」と言いますが、そんなにうまく行かない今日この頃です。

森の学校 最新の記事

酒井和彦の森の学校 2021冬

ソ連邦の崩壊とハバロフスクのタイガ 昔のコペンハーゲン行きの飛行機は北朝鮮を迂回し、ソ連の上空に入ると窓のカーテンを閉めて撮影禁止で、ひと寝して目が覚めてもまだ広大な森林地帯の上を飛んでいました。 そしてソビエト連邦が崩 […]

>> 続きを読む
1 2 3 17

西野澄子の「澄川の自然」

協会の理念は、澄川都市環境林を巨木の森にしようとしています。

私はその森の林床にひっそりと、またたくましく咲く花たちを育て、楽しませてもらうことがもう一つの思いです。

■西野澄子 プロフィール
60歳を過ぎてから協会設立研修に参画、それから週2回森に入る生活パターンを繰り返し、病知らずの元気なおばさんです。
リース作りが趣味で、山に入ると手ぶらで帰る事がありません。

澄川の自然 最新の記事

エゾヤナギ(蝦夷柳) ヤナギ科

2月末活動日、駐車場から広場に向かう下り坂の手前に、茶色の小さな花ビラの様なものが、白い雪の上にちらばっていました。何かなと拾ってみると、ふっくらとしたカーブが付いた丸いものです。何気なく上を見上げると柳の白い芽が枝先に […]

>> 続きを読む
1 2 3 66

森のギャラリー

森ボラきっての腕利きカメラマンたちが、活動の合間に撮影した写真集「森のギャラリー」です。

澄川都市環境林を始め、森ボラの活動地で繰り広げられる自然・動物・植物・人々の点描をどうぞお楽しみください。